Amphipolis.gr | 古代マケドニア人の言語

古代マケドニア人の言語

最も重要なギリシャ半島の方言と小アジアの周りに 500 例えば.

ディミトリE.. Evangelides

ギリシャ語, 最新の科学的意見に従って((a)), ギリシャで形成されました, プロトギリシャの到着後, 誰が実際に同化して徐々に以前に確立された人々の姿を消しました (= Proellines), しかし、文化的影響と文化. Proellines自分の言語を話すので、はっきりとギリシャ語の造形に影響を与えました. このプロセスの結果((b)) 3つの方言への最初のシングルプロトギリシャの崩壊の間でした 2200/2100 例えば. と 1900 例えば. すなわち. 現在の大陸およびNの一部が含まれ、比較的狭い帯域でプロトギリシア人の最後のインストール. (D). Illyridos, 西マケドニアとB. (A). テッサリアの一部 (参照してください。. チャーター), これらの男女の運動の開始まで, 主に南部地域インチ((c))

Protoell

オリジナルプロトギリシャの平等施設

彼らがいた方言:

1. それに続くのは非常に古風な形 イオン - アッティカ 方言

2. いわゆるのも古風な形 西 / 北西 / 大陸の 方言 (これは後に生じました ドリアン ラコニア, クレタ島など, エリスの方言, 、 Aitoliki, 、 ネオAchaiki, そしてエピラスの三の大人種の方言 - Thesprotians, Molossos, Chaonia) と

3. いわゆる中央方言, これは、その後に分割 (プロト風と呼ばれます) と アルカディア (後の ARKADIOU - キプロス).

周りの絵の言及を完了 1600 例えば. aiolofononアカイア部分はテッサリアTOから移行しました (=アカイアフティオティス) BAペロポネソス. そこでは、彼らの方言は、技術革新を見せていたし、アルカディアンの影響を受けています (後でARKADIOU - キプロス) 中央ペロポネソスの方言 (どこの周りに 1900 例えば. 彼らは、移行とArkadofonoi定住していました, 今日の西マケドニアのエリアから来ます). だから、最終的には私たちの知られているに達しました, サイン付き リニアB, ミケーネ王国の方言, 以前にアカイアとして報告されました (これは、前述したネオ・アカイアと混同すべきではありません, ドリス式の方言), そして今日は、呼び出すために、一般的に普及しています ミケーネ. ミケーネ世界の崩壊と, ミケーネ方言が徐々に永久周りに消えるために使用されなくなりました 1150 例えば. 終了, 風と西洋の要素の交点方言, 生じました テッサリア と、 ボイオティア 方言.

だから、ギリシャ語の方言上記に関連して、古代マケドニアの方言の言語学的関係は何でした;

私たちはこの質問への回答を見る前に、マケドニアのための調査・研究は、過去30年にわたって優れた進展を示したことを忘れてはなりません, 私たちは今、言語的素材で話すことができること, そこから私たちは、特定の科学的な結論に到達することができます.

サイエンティフィックしかし、議論は短い研究上のライプツィヒ、ドイツの出版によると、19世紀初頭から、基本的に開始しました F. クラーク. Stourts 」と題し無料マケドニアの方言で»((d)), 発行することによって、ギリシャ語の方言としてマケドニアの位置に関する意見や研究を提示することを目的とした、主に 1825 彼の作品 (C). O. Myller «住まいについて, 起源とマケドニア人の最古の歴史»((e)). 残念ながら、科学的なやがての議論は政治になって、ギリシャ文字かどうか、この言語のための対立の無限のシリーズとなりました。((f))

観察されたように: «…何十年もの間、ギリシャ語、マケドニアの方言を含めるかどうかのための強力な挑戦がありました. 問題は、部分的に材料の故障によるものでした, 特に初期の碑文, しかしexoepistimonikous薬で, 非常に始まる論争は、19世紀と20世紀の南部バルカン諸国の政治的、歴史的発展に密接に依存していたので、 – でも、この日に – 地域に居住人々のと領土権の主張…»。((g))

したがって、我々は他のギリシャ語の方言に古代マケドニアの方言の関係について上記の提起の質問に答えるためにしよう, 私たちは、過去にそれを明確にしなければなりません, しかし、比較的最近まで, それは不足のためのシンプルかつ明確な答えまたは言語材料のさえ不足難しかったです, 例や意見の多様性を許容します. これらは、我々は4つのグループに分類することができます, 位置のサポートに応じて、:

1. 最も初期の位置は、マケドニアが混在言語だったという見解を受け入れます, イリュリアの相対 (SAID Gの位置. O. ミュラー, その後、しかし、主にスラヴ人の科学者, Gとして. Kazaroff, M. Rostovtzeff, M. Budimir, H. Baricなど) またはトラキア (まだブルガリアDが本日サポート. Tzanoff).

2. 別の位置, 一流の科学者でサポートされています, マケドニアとして受け入れ 独立したインド・ヨーロッパ言語, ギリシャに似 (V. ピザーニ, 私は. ロシア, G. ミハイロフ, P. Chantraine, 私は. púdica, C. D. バック, E. Schwyzer, ヴラド. ゲオルギエフ, W. W. タルンと彼のキャリアの初めに著名なフランスの言語学者オリヴィエ・マッソン).

3. 大半は、しかし、科学者や言語学者は主にサポートしていることをサポートしています マケドニアは、別のギリシャ語の方言でした (F.によって開発された位置. クラーク. 上記Stourts, そしてギリシャの言語学C.の「家長」. マノス (1848-1941), テッサロニキのアリストテレス大学で言語学の故教授. ニック. Andrioti, そしてN. Kalleris, A. です, オットー・ホフマン, F. Solmsen, V. Lesny, F. ガイヤー, N. G. L. ハモンド, A. トインビー, Ch. 成熟した年でエドソンとオリヴィエ・マッソン).

4. 終了, 我々は以前、小さな部分の科学者の存在を言及する必要があります, 誰が慎重な態度を満たし, 特定の曖昧さや言語材料の不備の有無を引用すると、使用可能な時間でした, 情報に基づいた位置の策定を検討することが不可能 [主に, フランスの言語学者アントワーヌ・メイエ (1866-1936) そして、Italoevraios史家アルナルド・モミリアーノ(1908-1987)] ().

しかし、たとえ古代の源でした, マケドニア人の言語の問題についてだけでなく、非常に希少, しかし、むしろ混乱を悪化させ. 適切かつ明確にこの状況を説明したように:

“…マケドニアの非常に言葉ではなく、めったに言及していない古代の作家. 加算 (参照してください。. 最後Panayiotou 1992-Kapetanopoulos 1995) 私たちはグループには、次のように関連する証拠ができました:

(a). マケドニアの方言の性格については: ティトリビオマケドニア人中、, AitolousとAkarnanesは同じ方言を話します – 同様の所見はIpeirots方言とマケドニアのためストラボンを行います. 悪名高いです, すべて平等上記のイディオムは、北西部の弁証法グループであります. 証言は今弁証法碑文によって確認し、順番に親和性ドーリアとマケドニア人のための情報源の間接的な証拠と結合されています: ヘロドトスによります (1.56) ドーリアとマケドニア人を特定 – 自分自身 (5.20, 5.22, 8.137, 8.138), トゥキュディデスとして (2.99.3) アルゴスとヘラクレスとTimenidonの高貴な家を接続し、他の後にソースおなじみの神話, 情報を間接的に例えば考古学的な調査結果により確認され. Tiveriosによって公開されパップ (1989) […] コントラスト, ヘシオドスとEllanikouの系図神話は、エオリアとマケドニアを接続します, しかし、今日まで、強力な証拠は、この伝統を強化しません.

(b). マケドニアの方言の漸進的な疎外のために: すでにMの軍隊で. アレクサンダー, 異なる起源のインタラクティブセット, マケドニア人は共通で表現しました – 方言はマケドニア人の間や激しい感情の瞬間に使用されます. H若い時系列証言方言は半ば紀元前1世紀であります. そしてプトレマイオス朝の裁判所も、この期間の前に衰退を意味し. 碑文によって確認源の証言.

(c). マケドニアの方言と共通のために: H共通スプレッドマケドニア征服を通って、勝ちました, 停止せず, ヘレニズム王国のおかげで. だから、後のマケドニア人と非常に密接に意識一定Atticistsにリンク, 長期makedonizeinは、それらのいくつかの意味を取得する程度に「共通を話します’ (例えば. アテネ, 「Deipnosophistai»の3.121f-122A) – この理由のためにも、彼らの皮肉なコメントを引き起こしました. またmakedonizeinの重要性の証拠としてAtticists通路に立ち向かうことができます, 同じタイプ「とは、未学習」または「新しい」を用いて「粘着性」のタイプとして「マケドニア」と互いにように手によって特徴付けられる、請求…”.((I))

我々はすでに指摘している最後の30年間で, 状況は、ベルリンの科学アカデミーのおかげでテッサロニキの領域から碑銘材料をポスト根本的に変更しました (1972) 北部マケドニア (1999), ギリシャ・ローマの古代センター (K.E.R.A.) アッパーマケドニアから (1985) Veriaの地域 (1998). またKERAはVeriaの領域から非常に重要な名前の3回のコレクションを発表しました, エデッサと駐在員マケドニアの.

彼は明確にし、教授AUTH. ジョン・M. ルンペン 優れた記事では」と題しペラからの新しいデータ•古代マケドニアの言語»(J):

«人々はマケドニア人の話を聞いた言語が議論された長い時間と異なるアプローチのために. いくつかの研究者によっても、, BORZAアメリカの教授と彼の学生, それは偉大なトゥーバヴェルギナで見つかったすべてのギリシャ語の碑文は、王の親戚に属していると考え, 王家の墓がありますので、. 彼らの言語は自身の学者は、王室と最高クラスのみHellenizedを持っていたと主張した後、それはギリシャに自然であると言います. しかし、それはそのようです; 我々はアレキサンダー大王の時間と共通ギリシャ語の前に普通の人にしてから所属ギリシャ語のテキストがあった場合に明らかに、この引数は没収されていたであろう, 4世紀半ばの前に言います. 例えば.

D009-1初期の墓地アゴラペラは私たちに最も重要な知見を与えました. 5世紀の終わりから. 例えば. 墓石クサントスは、発信します. 貧しい子供に. 小さな柱は大理石の部分を再利用した作るために. 列上の碑文には、書き込み: クサントス/デメトリオス/ YとAMA / CODE SON. ここで特に興味深いのは、母Amades. この名前は、ルート午前から来ているようです- どこホーマーAMA-オメガ動詞から (アーチ。=刈ります) マケドニアは終了-dika, ブロードsの名前を覚えています. 場所でマケドニア端末の定期的な形成を観察します. でも、私たちのヴェルギナから最近の知見はエウリュディケはなくエウリュディケとフィリップの母親の3倍の名前を与えました. だから, 数年前の例は、考古学者の発見で毎日成長している今日希少している間. 私はペラの墓地からあなたの2つの発見を思い出させます, 最近、土壌から摘み取ら. 死者の身元とこの黄金の葉. シートでIgisiska名を記録, 代わりにIgisiskiの, 動詞リード. 私はまた、死者が小さな女の子だったことに言及します, それ-iski = Igisiski. 別の記録の名前でホスティング. マーケットエリアの墓地からもう一つの発見は、内接鉛のプレートに属し, A パップ剤(K), 古代人が言うように. これは、近年のマケドニアに行った考古学的研究の主要な買収であります. このテキスト, 私の意見では, 決定的マケドニア方言の理解を助けることができます. それが現在のよう, 唯一の方言テキストマケドニア. さらに増加することの重要性は、比較的大規模なテキストであるため、. このテキストは、出版の準備ができています, のみ表示されます, 私は、広く専門家の言語学者によって議論されてなることを確信しています.

プラークは、謙虚な人物の墓で発見されました. テキストは屋根裏起草との関係を提示します. しかし、屋根裏部屋へのイオンのグループとは異なるが、以下の:

1. ここではAと二次があります, 参照してください。. 例えば. テティス, 代わりにThetimi, ファック代わりgimai, 他の代わりに別の, さびれたさびれた場所, むしろ悪い悪いです.

2. aとbの短縮はああではありません, 例えば. アランPasangの代わりに、他の通過するとき, などの代わりに、未亡人の未亡人.

3. 一般およびその他の特殊性は、私たちはNWドリス式ギリシア語の方言コースのグループにテキスト言語をランク付けするのに役立ちます. だから、アレクサンダーは、兵士のMacedonistsに話すときには、マケドニアであり、これは意味しました…».

残念なことに, これは難しい撤回古い理論は時代遅れの「知恵」まだ充電ジャーナルのまま, 大学の教科書や作品, 適切に言うように 教授ミルト. Hatzopoulos, 例として示します (避けるために言うでしょう), 教授Pのテキスト. Krosslant (R. A. クロスランド), パート - 第三のボリュームに 1, マケドニアでのケンブリッジ大学の有名な、非常に信頼性がそうでない場合は、「古代史」(リットル) 冊子Amerikanoroumanou教授ユージンBorza(メートル).

外国での循環も典型的な例とdialektologikoiマップ (残念ながらギリシャ語で) 文献及びそのギリシャ語空間の小さなセグメントにギリシャ語の方言を制限 (南部のギリシャ本土, 島と小アジアの海岸), マケドニアのエリアを表示, そしてエピラス, 非ギリシア語方言の話者が住んで!

1 AEG-MAP2のコピー

ロバート・モーコット, エド. 1996. 古代ギリシャのペンギン歴史アトラス.

“ペンギンブックス”, p. 23.

http://www.trentu.ca/faculty/rfitzsimons/AHCL2200Y/LE 04-01.htm

2 greek_dialectsのコピー

http://titus.fkidg1.uni-frankfurt.de/didact/karten/griech/grdialm.htm

3 CAH集IIIパート1 Jのコピー. B. Hainsworth

(ケンブリッジ古代史集. IIIの一部 1)

しかし、なぜマケドニア方言の位置に関するこれらの疑問や論争でした;

教授M.は説明しているように. Hatzopoulos(n個):

«…その理由の一つ - おそらく最大 - そんなに新しいデータの同化に抵抗し、時代遅れの理論上の主張のためにも、ここ数年まで, 方法です, 19世紀, それ以外の場合は完全にギリシャの登場 - - マケドニアの方言とマケドニア語や固有名詞で散発的な外観に焦点を当てたギリシア文字以外の科学的な議論が共振子音を閉じました [停止を表明] ((b), (d), (c)) 代わりに、対応する元のCSCE, クローズド子音aichon [もともとは「吸引」無声停止] (F, (I), X,), 他のギリシャの方言に期待, 例Valakrosとヴェレーナ代わりにはげとFerenikaのため…».

そして続けて:

«[…] 前世紀の80年代半ば考古学マケドニアの研究KERA「マケドニア」プログラムの活動の加速が有力言語学者によって多くの科学論文のプレゼンテーションで、それらの間になったので、 (クロードBrixhe, アンナPanayiotou, O. マッソン, L. デュボア, ミルティアデスB.. Hatzopoulos) 彼らが収集した最新のデータを、使用しました, これゴルディオン結合を越えて移動することができます, 人, 19世紀から古代マケドニアの言語を取り巻く全てのディスカッションを捕獲, すなわち. それはギリシャだったかどうかについて. だから、今から、彼らが話した言語の識別を妨げ障害物、フィリップとアレキサンダー大王にすでに解消していたと言っても過言ではありません: 古代マケドニアは本物と本物のギリシャ語の方言でした. この問題では、積極的にこの問題に取り組んですべての言語学者や学者は今と同じ見解を持っていました. しかし、彼らがすべてに同意しないことも同様に真実であります.

二つの質問はまだ深刻な意見の相違を上げます:

(a)) これは、ノートbのマケドニアの言葉や名前で散発的なプレゼンスを説明します, (d), Cの代わりに対応する音素F, (I), X他のギリシャの方言;

(b)) マケドニアギリシャ内の弁証法的位置とは何ですか;

最初の質問は、近年では数回調査しました, しかし、一方の側のクロード・BrixheとアンナPanayotou異なる結論とし、O. マッソン, L. 他のデュボアと私.

ギリシャのマケドニア内の弁証法的な関係をテーマに, 上記以外にも、科学者, N. G. L. ハモンドとE. Voutirasも重要な貢献をしました. 限り、しかし、対処, 徐々に私は上記の二つの質問が密接に関連していることを確信になったといいますか, マケドニアの方言の方言親和性でその研究がシンフォニックシステムのこの質問の特異性について十分な説明を提供することができます (その子音システムのこの論争の特殊性の). […]

だから、マケドニアのマッチングシステムの検索が密接に接続されていたこのスピーチの方言の親和性の問題につながりました. それは正常でした, マケドニアのギリシャ語や非ギリシア文字の基本的な意見の相違, 二位にはさておき、ギリシャ語の方言の中にそのマウントの質問を置きます. しかし、完全に無視ません. 既に, °F. G. 秋, ヘロドトスでサポートされています, ドリス方言として識別マケドニア, オットー・アベルは正確だったと北部のドリス式の方言の間に配置しながら、. ストラボンとプルタルコスは、マケドニアは本土方言と異なっていなかったことを主張するために必要な引数を提供していると仮定します.

オットー・ホフマンの基本的な作業は決定的に議論に風の次元を導入したもの, 今日広く受け入れられました (Daskalakis, トインビー, Goukowsky). ドリス・北西寸法の位置は、強力な回復を作っJの威信のおかげで. N. G.続いKalleris. Mpampiniotis, オリヴィエ・マッソン、より彫りの深い景色を望む他の科学者による (A. Tsopanakis, A. 私は. Thavoris, M. B. SakellariouとCl. ニッカーズ). 最後に、N. G. L. ハモンドは、最もクリアな視界を作りました, 二つの平行マケドニアの方言の存在を主張: アッパーマケドニアは密接テッサリアに低いマケドニア系統で北西方言と相互に接続されています. しかし、新しい要素, マケドニアからの総合的な方言のテキストの出版物, 新しい状況を作成. このテキストは、パップ剤の発見から来ました (参照してください。. NB. K) 紀元前4世紀の前半から. これはペラの墓で発見されました... "(O).

ペラ有鉛タブレットkatadesmos第四世紀のコピー

ペラの呪いタブレット (ペラの考古学博物館)

Pellatab

大きさ: 30 CM X 6 CM
テキスト

[テティス]そして、我々のDionysofontosエンドとgamonを記録したときにアランPasang Rdを-

[ナイク]科学と未亡人と処女, 確かにThetimas, そしてparkattithemai Makronasと
[あたり] daimosi•Crick型およびIそれにもかかわらずdielexaimiとanagnoiin palein anoroxasa,
[トーク] ファックDionysofonta, かつてそれはガーラヴォスアランの女性が、AWUを行い•ませんでした,
[AWU D]E synkatagirasai Dionysofontiとmidemianアラン. Iketis YMO(n個) 解釈-
[•フィルをm 'は;]嘆いている場合, フィルタ悪魔[、]J, dapinaガー
IMEどこでも友人やその他•砂漠
[ID]このような非ginitaiなど店舗エミン[コンピュータ]間違った、悪いテティスapolitai.
[—-]AL[—-]YNM..ESPLINの結合, ミーありません [(e)]コンピュータ[(d)]aimonaと祝福genestai
[—–] THE[.].[—-].[..]..E.E.EO[ ]A.[.]E..MEGE[—]

1. [テティスのために]私たちとDionysofonta儀式や結婚式には呪いを書きます, そして、のために (結婚) 他のすべてのガラスのPE-

2. [ナイク]S, 未亡人と処女 (彼と一緒に), しかし、特にテティスのためと割り当て (この呪い) そしてMakronaで

3. [、] 悪魔. そして、そのときにのみ発掘とアンラップと再読 (これらの単語)

4. [その後] (のみすることができます) 前Dionysofonと結婚していません. そして、別の女性と結婚しないかもしれません, 私だけ

5. そして私は彼と他の誰Dionysofontaと老いも. あなたのIketides午前:

6. に同情を示し、 [キス;], 好きな悪魔, 謹んで (私はあなたを請います) 彼らはすべての私のお気に入りで逃げました

7. しかし、保管してください (この書かれました) 私のためにこれらのイベントはとてもテティス誤用を失っていないとして、

8. そして私の至福と至福を与えます.

我々は、多くの「よく有志が」言語学研究のためのこの発見の巨大な重要性を減らすために速かったことに注意すべきです, 懐疑的な見方から、単純な非ケースに至るまでの引数を持ちます. 教授 魚精. Hatzopoulos これは、この問題でapostomotikosです:

」...私の意見で存在 (言語) 種類などdielexaimi, IME, anoroxasa, dapina, マケドニアに期待されています, しかし、北朝鮮西部方言に完全に外国人, 確認は、テキストの著者のローカルの原点に決定的であると私たちはテキストはおそらくペラに住んでいた仕事エピラスの居住者だったそうケースを拒否することができます...」。(P)
応じて物議

マケドニアの存在の悪名高い質問へ戻る共振子音を閉じました [停止を表明] ((b), (d), (c)) 代わりに、対応する元のCSCE, クローズド子音aichon [もともとは「吸引」無声停止] (F, (I), X), 他のギリシャの方言に存在しています.

この問題では, 前述したように, 現象の起源について2つのビューがあります. 最初のビューは、教授によって主にサポートされています アンナPanayiotou:

」...一部の古代 (プルタルコスによると後) ビザンチンソースはマケドニア人がBの代わりF.«染色»ことを示しています (そして、Dの代わりに、Thを一度) anthroponymiaで, 祈りの悪口で, マケドニアマケドニアの「言語」のカレンダーヶ月で – grammariansと辞書編集はそのanthroponymioキスを維持します ([FWL]) 例えば. マケドニアヴィラに対応 [bvla] (ή ήδη από το τέλος της κλασικής εποχής [vvla] σύμφωνα με ορισμένους ερευνητές, κυρίως Babiniotis 1992). Aυτή η διαφορά θεωρήθηκε από τους περισσότερους γλωσσολόγους και φιλολόγους ως απολύτως βασική, διαχώριζε δε τη μακεδονική από το σύνολο των ελληνικών διαλέκτωντης μυκηναϊκής ελληνικής συμπεριλαμβανομένης -, διότι υποδήλωνε διαφορετική εξέλιξη συμφώνων στο φωνολογικό σύστημα της μακεδονικής: すなわち, σύμφωνα με τη θεωρία αυτή, τα ινδοευρωπαϊκά ηχηρά δασέα *bh, *dh, *gh έχουν τραπεί στην ελληνική σε άηχα δασέα [ph th kh] (γραφήματα Φ, (I), X αντίστοιχα) έχοντας χάσει την ηχηρότητά τους, ενώ στη μακεδονική έχουν τραπεί αντίστοιχα σε [b d g] (γραφήματα B, (D), Γ αντίστοιχα), έχουν δηλαδή χάσει τη δασύτητά τους. Σύμφωνα με άλλους μελετητές, η διαφορά απηχεί εξέλιξη στο εσωτερικό της ελληνικής (αποκλειστοποίηση), θέση που μάλλον δύσκολα συμβιβάζεται με τα νεότερα δεδομένα από τα διαλεκτικά κείμενα (参照してください。. τελευταία Brixhe & Panayotou 1994, 211 と 216-218, Παναγιώτου 1997, 202). Ίσως είναι οικονομικότερο να υποθέσει κανείς ότι τα ονόματα που παρουσιάζουν αυτό το χαρακτηριστικό είναι γλωσσικά κατάλοιπα ενός φύλου που έζησε στην περιοχή και το οποίο αφομοιώθηκε γλωσσικά από τους Mακεδόνες, είναι σαφές ότι ήδη από τον 5ο αιώνα π.Χ. τα μόνα ίχνη αυτής της γλώσσας είχαν περιοριστεί σε ένα τομέα κατεξοχήν συντηρητικό, την ονοματολογία. Ήδη τον 4ο αιώνα π.X., όταν η γραφή αρχίζει να διαδίδεται στη Mακεδονία, στο γλωσσικό αίσθημα των Mακεδόνων τα ονόματα αυτά αποτελούσαν, χωρίς διάκριση προφανώς, τμήμα του μακεδονικού γλωσσικού υλικού και της παράδοσης…». (ιζ)

Το φύλο που αναφέρει η Καθηγήτρια Α. Παναγιώτου είναι οι Phrygians, αποδεχόμενη έτσι την επίδραση ενός φρυγικού επιστρώματος (adstratum) στην διαμόρφωση της Μακεδονικής, επηρεασμένη προφανώς από τις θέσεις του συναδέλφου της, Γάλλου γλωσσολόγου クロードBrixhe, Καθηγητή στο Πανεπιστήμιο του Νανσύ, ο οποίος έχει πραγματοποιήσει σημαντικές έρευνες και μελέτες στην (νεκρή από αιώνες) φρυγική γλώσσα.

教授 魚精. Hatzopoulos δεν δέχεται πάντως αυτήν την υπόθεση και υποστηρίζει ότι η ύπαρξη των ηχηρών κλειστών συμφώνων β, (c), δ της Μακεδονικής οφείλονται στην επίδραση των γειτονικών διαλέκτων των ΠερραιβώνΘεσσαλών. Όπως υποστηρίζει με ισχυρή επιχειρηματολογία και πειστικότητα:

«…Εάν λάβουμε υπ’ όψη την γεωγραφική κατανομή των τύπων με ηχηρά κλειστά σύμφωνα στην Θεσσαλία, παρατηρούμε ότι αυτοί είναι συγκεντρωμένοι στο βόρειο τμήμα της περιοχής, κυρίως στην Πελασγιώτιδα και Περραιβία, με την μεγαλύτερη συγκέντρωση στην δεύτερη. Αλλά και στην Μακεδονία αυτοί οι τύποι είναι άνισα κατανεμημένοι. Βρέθηκαν σε σημαντικούς αριθμούς και ποικιλία – προσφέροντας μαρτυρία για την αυθεντική ζωτικότητα του φαινομένου – σε τρεις πόλεις ή περιοχές: Στην Βεργίνα, την Βέροια και την Πιερία. Όμως όλες αυτές εντοπίζονται στο απώτερο νοτιο-ανατολικό τμήμα της Μακεδονίας, σε άμεση επαφή με την Περραιβία. Νομίζω ότι αυτή ακριβώς η γεωγραφική κατανομή μας παρέχει την λύση του προβλήματος. Έχουμε λοιπόν να κάνουμε με μια φωνητική ιδιομορφία της ελληνικής διαλέκτου, που μιλιόταν και στις δύο πλευρές του Ολύμπου και η οποία αναμφίβολα οφειλόταν σε κάποιο υπόστρωμα ή επίστρωμα, πιθανόν, αλλά όχι υποχρεωτικά, φρυγικό.

Εάν παρέμειναν οποιεσδήποτε αμφιβολίες σε σχέση με την ελληνική προέλευση του φαινομένου, θα τις διαλύσουν δύο ονόματα προσώπων: Κεβαλῖνος και Βέτταλος.

Είναι γενικά παραδεκτό ότι το πρώτο προέρχεται από την ινδο-ευρωπαϊκή ρίζα *ghebh(e)l-. Εάν σύμφωνα με την «φρυγική» υπόθεση, η απώλεια της ηχηρότητας των «δασέων» δεν έλαβε χώρα πριν από την ανομοίωση των εκπνεομένων, ο τύπος τον οποίον θα έπρεπε να διαμορφώσει η ελληνική διάλεκτος της Μακεδονίας έπρεπε να είναι Γεβαλῖνος και όχι Κεβαλῖνος, ο οποίος είναι αποτέλεσμα πρώτα της απώλειας της ηχηρότητας των «δασέων» και μετά της ανομοίωσής τους. Οι Claude Brixhe και Anna Panayotou, αντιλαμβανόμενοι πλήρως το πρόβλημα, υπεκφεύγουν δεχόμενοι (ότι το φαινόμενο οφείλεται σε) «παρωχημένο διαλεκτισμό» (“faux dialectisme”).

他から, το όνομα Βέτταλος, είναι προφανώς ο μακεδονικός τύπος του εθνικού Θετταλός, χρησιμοποιούμενο ως όνομα προσώπων, με πιθανή μεταφορά του τόνου. Γνωρίζουμε επίσης ότι η αντίθεση μεταξύ του Αττικού Θετταλός και του Βοιωτικού Φετταλός, απαιτεί την ύπαρξη ενός αρχικού *gwhe-.

Δεδομένου δε ότι αφ’ ενός μεν στην Φρυγική, σε αντίθεση με την Ελληνική, 、 ινδο-ευρωπαϊκά χειλο-υπερωϊκά(*)(labiovelars, すなわち. τα σύμφωνα *kw, *gw, *gwh. Σημ. ΔΕΕ) έχασαν το υπερωικό τους προσάρτημα χωρίς να διατηρήσουν οποιοδήποτε ίχνος από αυτό, ο τύπος τον οποίο θα έπρεπε να κληρονομήσει η ελληνική διάλεκτος της Μακεδονίας, 「フリギア」の場合に応じて, 初期の世代を表示する必要があります*, (すなわち. Gettalos. Σημ. ΔΕΕ), これは明らかにそうではありません.

他から, タイプVettalos, ο τύπος τον οποίον οι Μακεδόνες πρόφεραν με ένα ηχηρό αρχικό σύμφωνο, μπορεί να ερμηνευθεί με έναν τύπο των ηπειρωτικών Αιολικών διαλέκτων, στις οποίες, みなさんご存じのとおり, τα «δασέα» χειλο-υπερωϊκά ακολουθούμενα από ένα /i/ ή ένα /e/ εξελίχθηκαν σε απλά ηχηρά χειλικά. Ο αιολικός τύπος Φετταλός, που βρίσκεται πίσω από το Βετταλός, μας παρέχει ένα terminus post quem (Λατιν. «όριο μετά από το οποίο», すなわち. το αρχαιότερο χρονικό σημείο που μπορεί να συμβεί ένα γεγονός. Σημ. ΔΕΕ) για το φαινόμενο της μετατροπής σε ηχηρό σύμφωνο (the voicing phenomenon). Και τούτο διότι αν λάβουμε υπ’ όψη την ορθογραφία των Μυκηναϊκών πινακίδων, η οποία διατηρεί ακόμη μια διακριτή σειρά συμβόλων για τα χειλο-υπερωϊκά, είναι αναγκαίο (=υποχρεωτικό) να χρονολογήσουμε το παραπάνω φαινόμενο σε μια Μετα-Μυκηναϊκή εποχή, αρκετά μετά από την εξάλειψη των χειλο-υπερωϊκών, που σημαίνει προς το τέλος της δεύτερης χιλιετίας π.Χ. το νωρίτερο και προφανώς εντός του ελληνικού κόσμου. Είναι προφανές ότι στην περίπτωση του τύπου Βέτταλος, μια ad hoc (Λατιν. επί τούτου, すなわち. κατασκευασμένη. Σημ. ΔΕΕ) υπόθεση περί «παρωχημένου διαλεκτισμού» (“faux dialectisme”) είναι απαράδεκτη, λόγω της καθυστερημένης χρονικά εποχής όπου κάποιος υποθετικός Μακεδόνας πατριώτης θα έμπαινε στον πειρασμό να καταφύγει σε έναν τέτοιο γλωσσικό τύπο για το εθνικό όνομα των Θεσσαλών όταν από καιρό είχε αντικατασταθεί από τον τύπο της Αττικής «κοινής» Θετταλός. Η επανεπεξεργασία του σε έναν τύπο Βετταλός, που ακούγεται δήθεν πιο «μακεδονικός» (more “Macedonian-sounding”), μας ξαναγυρίζει σε ένα επιστημονικό επίπεδο γνώσεων που είχαν επιτύχει το 19ο αιώνα…». (ιη)

____________________________________________________

(*) Το φθογγολογικό σύστημα της αρχικής Πρωτο-Ινδο-Ευρωπαϊκής (ΠΙΕ) γλώσσας περιελάμβανε ένα πολύπλοκο σύστημα συμφώνων που διακρίνονταν σε Χειλικά (labials), Οδοντικά (dentals), Υπερωϊκά (velars), Χειλο-υπερωϊκά (labio-velars) κ.λπ. Η σπουδαιότερη κατηγορία συμφώνων της ΠΙΕ ήσαν τα λεγόμενα κλειστά (stops), που με την σειρά τους διακρίνονται σε άηχα (unvoiced/voiceless stops), ηχηρά (停止を表明) και ηχηρά δασέα (voiced aspirates/aspirated stops). Έχουμε λοιπόν την εξής κατάταξη:

ΠΙΕ ΑΗΧΑ ΗΧΗΡΑ ΗΧΗΡΑ ΔΑΣΕΑ

Χειλικά p b bh

Οδοντικά t d dh

Υπερωϊκά k g gh

Χειλο-υπερωϊκά kw gw gwh

Όπως εξηγεί ο Καθηγητής (C). Μπαμπινιώτης, στην Πρωτο-Ελληνική (ΠΕ) 言語, τα μεν Χειλικά έδωσαν αντίστοιχα τους φθόγγους π, (b), F, τα Οδοντικά τους φθόγγους τ, (d), (I), τα Υπερωϊκά τους φθόγγους κ,(c),X. Παρατηρούμε ότι τα ηχηρά δασέα της ΠΙΕ στην ΠΕ μετατράπηκαν σε άηχα δασέα. Οι χειλο-υπερωϊκοί φθόγγοι βαθμιαία εξαφανίσθηκαν και εξελίχθηκαν στους αντίστοιχους χειλικούς, οδοντικούς ή υπερωϊκούς, ανάλογα με το φωνήεν που ακολουθούσε. Για παράδειγμα ο ηχηρός δασύς φθόγγος gwh μετατράπηκε σε φ εάν ακολουθούσε α ή ο, σε θ αν ακολουθούσε ε ή ι και σε χ εάν ακολουθούσε ου. (ιθ)

ΣΥΜΠΕΡΑΣΜΑΤΑ

Η Μακεδονική ανήκε στις Δυτικές/Βορειοδυτικές/Ηπειρωτικές αρχαιοελληνικές διαλέκτους ως ξεχωριστή διάλεκτος με τις δικές της ιδιομορφίες και ιδιωματισμούς και ήταν η καθομιλουμένη της πλειοψηφίας των κατοίκων του Μακεδονικού Βασιλείου. Σε ορισμένες όμως περιοχές της Κάτω Μακεδονίας και ιδιαίτερα αυτές που γειτόνευαν με την Θεσσαλία, οι κάτοικοι ομιλούσαν μια αρχαϊκή αιολική διάλεκτο, κατάλοιπο των αρχικών εγκαταστάσεων των Πρωτο-Αιολέων, αλλά και νεωτέρων επιρροών από αιολόφωνα γειτονικά φύλα, όπως οι Περραιβοί, οι Αινιάνες, αλλά και οι Θεσσαλοί, με την μεικτή αιολοδωρική τους διάλεκτο. Μέχρι τα τέλη του 6ου αιώνα π.Χ. について, έπαυσε να χρησιμοποιείται ως καθομιλουμένη και επιβίωσε μόνον σε ονόματα τόπων, μηνών και προσώπων. Η ύπαρξη αυτών των δύο διαλεκτικών μορφών είχε ως αποτέλεσμα την διαμόρφωση διαφορετικών αντιλήψεων στους αρχαίους συγγραφείς και την διατύπωση αντιφατικών απόψεων παρουσιάζοντας τους Μακεδόνες άλλοτε ως Δωριείς (例えば. ヘロドトス) και άλλοτε ως αιολόφωνους (例えば. Ησίοδος, Ελλάνικος).

Μια εύστοχη και εξαιρετικά πειστική ιστορική ερμηνεία αυτού του φαινομένου έχει διατυπωθεί από τον καθηγητή Μιλτ. Χατζόπουλο:

«…Ως προς τους τρεις Τημενίδες αδελφούς, τους μυθικούς ιδρυτές του Μακεδονικού Βασιλείου σύμφωνα με τον Ηρόδοτο, ήδη από την αρχαιότητα υπήρχε η υποψία ότι δεν είχαν έλθει από το Πελοποννησιακό Άργος, αλλά από το Άργος Ορεστικόν της Άνω Μακεδονίας, και γι’ αυτό η ονομασία Αργεάδαι δινόταν όχι μόνον στην βασιλεύουσα Δυναστεία, αλλά σε ολόκληρη την πατριά που ακολούθησε τα τρία αδέλφια στην περιπέτεια της κατάκτησης της Κάτω Μακεδονίας. Γνωρίζοντας ότι οι Ορέστες ανήκαν στην Μολοσσική ομάδα, γίνεται εύκολα αντιληπτό το πώς, η σημαντική και με μεγάλο κύρος ελίτ του νέου Βασιλείου, επέβαλε την δικιά της (Βορειο-δυτική, NB. ΔΕΕ) διάλεκτο, ενώ η αρχαία Αιολική διάλεκτος – η ύπαρξη της οποίας είχε δώσει αφορμή σε ορισμένους αρχαίους, αλλά και νεώτερους συγγραφείς να θεωρούν τους Μακεδόνες αιολόφωνους – υποβιβάσθηκε στο καθεστώς ενός ιδιωματικού υποστρώματος (the old Aeolic dialect relegated to the status of a substratum patois), κάποια ιδιαίτερα χαρακτηριστικά της οποίας […] επιβίωσαν μόνον με την μορφή ελάχιστων υπολειμμάτων, γενικώς περιθωριοποιημένων, με την εξαίρεση ορισμένων ονομάτων τόπων, προσωπικών ονομάτων και ονομάτων μηνών, που είχαν καθιερωθεί από την παράδοση…»。(k)

ΔΕΕ

メモ
((a)) 参照. Σχετικά: M. Garašanin: C.A.H. 巻. IIIの一部 1, ΣΕΛ. 142 – Cambridge, 1982. J. P. Mallory: In Search of the INDO-EUROPEANS, ΣΕΛ. 69 – London, 1991. M. Σακελλαρίου: Ιστορία Ελληνικού Έθνους, τόμ. Α΄ σσ. 364-365 – Αθήνα, 1972. (A). – F. Χρηστίδης (エド。): «Ιστορία της ελληνικής γλώσσας: Από τις απαρχές έως την ύστερη αρχαιότητα» – テッサロニキ, 2001, καθώς και το πλέον πρόσφατο και κατατοπιστικότατο David W. Anthony: The Horse, the Wheel, and Language: How Bronze-Age Riders from the Eurasian Steppes Shaped the Modern World σσ. 368-369– Princeton N. J. 2007
((b)) 参照. για την επίδραση των διαφορετικών γλωσσικών υποστρωμάτων (substratum) και επιστρωμάτων (adstratum) στην διαμόρφωση και εξέλιξη διαφόρων γλωσσών στο κλασσικό έργο του James M. Anderson: Structural Aspects of Language Change σσ. 89-95 – London, 1973
((c)) 参照. M. Σακελλαρίου: Ι.Ε.Ε. ό.π. ΣΕΛ. σσ. 365-366
((d)) F. G. 秋, De dialecto macedonica liber, Leipzig, 1808
((e)) G. O. ミュラー, Über die Wohnsitz, die Abstammung und die ältere Geschichte des makedonischen Volks, ベルリン, 1825
((f)) Miltiades Hatzopoulos: The speech of the ancient Macedonians, in the light of recent epigraphic discoveries – VI International Symposium on Ancient Macedonia, テッサロニキ, 1999
((g)) 参照. アンナPanayiotou: Η θέση της Μακεδονικής – から、 “Ιστορία της ελληνικής γλώσσας: Από τις αρχές έως την ύστερη αρχαιότητα” – επιμ. Α.-Φ. Χριστίδης, ΣΕΛ. 319-325. テッサロニキ, 2001 – Κέντρο Ελληνικής Γλώσσας & Ινστιτούτο Νεοελληνικών Σπουδών [Ίδρυμα Μανόλη Τριανταφυλλίδη].
(、) 参照. Λεπτομέρειες για τα παραπάνω στο Miltiades Hatzopoulos: The speech of the ancient Macedonians ό.π.
((I)) 参照. (A). Παναγιώτου: Η θέση της Μακεδονικής ό.π.
(J) Ολόκληρο το κείμενο υπάρχει δημοσιευμένο στο Διαδίκτυο στην διεύθυνση: http://abnet.agrino.org/htmls/D/D009.html)
(K) Μια συνηθισμένη μέθοδος στην αρχαία Ελλάδα για την επίτευξι κάποιου σκοπού (από χαμηλής μορφωτικής και πνευματικής στάθμης άτομα) με μαγικές πράξεις και φράσεις ήσαν οι
κατάδεσμοι (=μαγικοί δεσμοί). Οι κατάρες ή ερωτικές επικλήσεις γράφονταν κυρίως σε ελάσματα μολύβδου (φθηνό και ανθεκτικό υλικό, αν και έχουν βρεθεί και ελάσματα από πολύτιμα μέταλλα), τα οποία τύλιγαν σε κύλινδρο και τα τρυπούσαν πέρα ως πέρα με ένα καρφί (κάρφωμα). Στη συνέχεια έριχναν τους καταδέσμους μέσα σε τάφους ή πηγάδια ώστε να έλθουν σε άμεση επαφή με τα πνεύματα του Κάτω Κόσμου.
(リットル) 参照. R. A. クロスランド: “The Language of the Macedonians” σελίδες 843-847, στο Τhe Cambridge Ancient History – Vol. III, part 1 (2第 2 版 1982, Reprinted 1990).
(メートル) E. N. Borza: Before AlexanderConstructions of Early Macedonia (1999)
(n個) 参照. Miltiades Hatzopoulos: The speech of the ancient Macedonians ό.π.
(O) 参照. M. Hatzopoulos: The speech… ό.π.
(P) 参照. M. Hatzopoulos: The speech… ό.π.
(ιζ) 参照. アンナPanayiotou: Η θέση της Μακεδονικής – “Ιστορία της ελληνικής γλώσσας: Από τις αρχές έως την ύστερη αρχαιότηταό.π.
(ιη) 参照. M. Hatzopoulos: The speech… ό.π.
(ιθ) 参照. (C). Mpampiniotis: «Σύντομη Εισαγωγή στην Ινδοευρωπαϊκή Γλωσσολογία και στην Ιστορία της Ελληνικής Γλώσσας», σσ. 65-66 – Αθήνα 1977
(k) 参照. M. Hatzopoulos: The speech… ό.π.

Πρωτοδημοσιεύθηκε στον τρίτο τόμο/τεύχος του περιοδικού «Νέος Ερμής ο Λόγιος» (Σεπτέμβριος-Δεκέμβριος 2011)

コメントを残す